*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の夏
我が家のイギリス人は日本大好き人間である。


しかし、そんな彼が日本暮らしをしていて、どうしても好きになれないもの。。。 


それは モスキート mosquitos   の存在 である(笑)



イギリスと違い、湿度が高くベッタベタとした日本独特の夏の気候自体には
何とか慣れたものの、

「蚊だけは許せない! と毎年この時期になると文句タラタラ。。。


んでもって、我が家に生息するモスキート達は、
何故か 『欧米系』 が好きらしい (笑)

私なんて、半袖半ズボンで庭をウロウロしてもほとんど刺されないのに
ダンナとハーフ娘は、数秒間外に出ただけで、蚊の集中攻撃に合う。

’Mummy's blood is not tasty because she's not young. ’
「マミーの血は、歳取ってっからおいしくないんだよ」
と、二人して私のことをからかうが

蚊に刺されたときのダンナは

Bloody mosquitos ! You f***ing bastards ! Really annoying ! 
「こんちくしょう!」 を連発しながら、家中を虫除けスプレーを持って、
自分の血を吸った犯人を探し求めて(夜中であろうが)歩き回る。


というわけで、夏になると我が家には至るところに、モスキート撃退グッズが登場する。


まずは外、門の横の郵便受けの上にひとつ↓ 
(ダンナは帰宅後バイクをとめている最中にも刺されるらしい)
我が家の夏1

玄関入口↓ (蚊取り線香)
我が家の夏4

玄関↓
(虫除けスプレーたち。いつの間にか、玄関横の飾りとして何気にディスプレイされている
我が家の夏2

ダンナの部屋↓ (コンセント式の蚊取り線香←最低2コは設置)
我が家の夏5

今年も蚊取り線香(ジャンボ缶)を購入↓
我が家の夏3



外出時には、玄関の中で、ダンナもハーフ娘も虫除けスプレーを制汗剤か香水のように
体中にふりかけていく

そのヨコで、スプレー臭にむせかえり窒息死しそうになる私のことなど完全に無視である。


我が家の夏。それは。。。


 キンチョーの夏 。 むせかえる夏 (危うく窒息死の夏 )。 である(笑)




にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
ポチッと↑押していただけたら励みになりま~す♪
Thx a lot for your kind support!


イギリス英語ランキング
人気ブログランキングを見る


スポンサーサイト

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

Secret
(非公開コメント受付中)

すごい
戦闘態勢整ってますね。

うちも蚊が多いです。

旦那も寝室に蚊が潜んでいたら夜中でも電気をつけて
見つけて退治するまで寝ないです。

うちも子供と旦那はやられますが
私はあまり刺されないかも・・・・
体温が低いからといっておきましょう。

角質フッピーパック 私も試してみようかなぁ?
かさかさ気になります。
足のおしっこパック?もしかして尿素が入ってるからこのネーミング?
おしっこもはずれではないかも?

TCさんのすてきな足裏めざさなくっちゃv-207
No title
蚊取り線香といえば、最近アメリカの
DOLLARストアに並べてあるんですよ!!
びっくりしちゃいました。(笑) 
でもあたしも 蚊に刺されなくなりました。
あたしも YOUNGじゃないからe-3かしら。。。e-350
夏といえば、庭中の木から木へと見えない糸を張りめぐらす
蜘蛛との戦いが我が家では、始まります。
どこにいくにも 「ぼよ~ん ぷチぃ」の罠にすっかりやられます。
本当に蚊にも蜘蛛にも困ったもんですよねぇ
ぎゃはは!
’Mummy's blood is not tasty because she's not young. ’
またまたこれに大うけ~!!!!
笑える~!しかも父娘のセリフだなんてv-356

体温が高いんでしょうね、二人とも。
私とオットでは私が圧倒的に刺されます。
オットはあまりにもじゃもじゃな足をしているので
よーっく見てると、蚊が毛ジャングルの中で
からまって抜け出れなくなっていることがあります。
まるで人間ハエ取り草みたいです。

それにしてもスゴイ蚊よけグッズの数ですね(笑)
日本の蚊ってこっちの蚊と違って根性がある、ってか
しつこいみたいです。
これも湿気のなせる蚊民性なのかも・・・・笑
No title
ども、ひでのです(`・ω・´)

蚊取り線香とかはピレスロイド系ですから、
直接、多量に吸い込むとかない限りは大丈夫・・・かな?(; ̄ー ̄川 アセアセ
すいません 人医の方々と管轄省庁違うもので^^;

でもね、最近はピレスロイド耐性の蚊とかも見つかってるから
家畜舎にたまにぶらがってる、
電気式の二酸化炭素出しながら蚊とかを吸い取っちゃう蚊取り器が
今後は有効かもです・・・
のんのんさん♪
>> 旦那も寝室に蚊が潜んでいたら夜中でも電気をつけて
>> 見つけて退治するまで寝ないです。

でしょ?でしょ?(笑)確かに寝てるときに耳元で蚊にあのプ~ンという何とも
言えない音で囁かれたら、気になってしょうがないのはわかりますけど…ねっe-351

あっ、うちもダンナとハーフ娘は異常に体温高いです(笑)

是非是非、おしっこパック、あ、いやフッピーパック試してみてください!
めっちゃくちゃ皮むけます(笑)薬師丸ひろ子のように『か・い・か・んっe-415
(あ、覚えてます?セーラー服と機関銃。古っ)って言いたくなるくらい
やみつきになりそうですe-349 
のんのんさんが言うように、尿素が入ってるからかもi-190!このネーミング!
確かに尿は尿なんだけど、英語じゃやっぱり笑えます。

というわけで、のんのんさん、一緒に頭のてっぺんから足の先まで美人e-420
なりましょう!(笑)
Yummyさん♪
え~っ、アメリカにも蚊取り線香が売ってるんですね!e-451
みんな買ってるのかしら?(笑)つか、そちらもやっぱり蚊がいるんですね。

いやいや、Yummyさんは私からすればヤングe-420ですよ~~v-218
我が家の蚊は、今まで味わったことのない欧米系の血のおいしさを覚えて、
日本人には興味がなくなったと思われます(笑)
でも、うちもクモいますーっ!外にもクモの巣があちこちに張り巡らされて
ますが、気温が高くなったら家の中にもちっちゃいのが出没し始めました(汗)
これでまた、虫除けスプレーの数がさらに増えるかもしれませんe-351
Hanakoさん♪
確かに、うちのイギリス人2名は体温高いです(笑)
2人揃ってチーズ好き、ポテト好き、にんにく好きってのも何か関係あるのかな?(笑)

Hanakoさんに蚊が寄ってくるのも、まだまだヤングな証拠です(笑)
これでまた、Hanakoさんがフランキンセンスオイルマッサージの成果がでて
18歳e-267になったら、まるでミツバチの養蜂業者のように
蚊が群がってくるかもです(笑)

>> オットはあまりにもじゃもじゃな足をしているので
>> よーっく見てると、蚊が毛ジャングルの中で
>> からまって抜け出れなくなっていることがあります。
>> まるで人間ハエ取り草みたいです。

ギャハハハハハハハ、笑える~~ぅ
うちのダンナの足も似たようなもんです(笑)

我が家の蚊は、生まれて初めて味わう?欧米系の血にハマッたようで
日本人の私はそっぽ向かれてます(笑)
ひでのさん♪
おお~~~っ、さすが獣医師免許をお持ちになるひでのさんe-420

ん?ミセスロイドですか?あ、それは洋服用の防虫剤(笑)
ピレスロイドでしたね。

>> でもね、最近はピレスロイド耐性の蚊とかも見つかってるから
>> 家畜舎にたまにぶらがってる、
>> 電気式の二酸化炭素出しながら蚊とかを吸い取っちゃう蚊取り器が
>> 今後は有効かもです・・・

へえ~そんな蚊取り器もあるんですね。うちもイギリス人2名抱えて
家畜舎みたいなもんですから、それも有効かもです(笑)
何か、ひでのさんの話を聞いてるだけで、自分まで賢くなったような
気分になるのはナゼなんでしょ?(笑)
これからもよろしくです~e-68
TCさんが、健康体なのだ!
と思うことにしましょう!体が酸性だと、虫さされが多いとか。

で、なぜ「私だけ」がさされるのか??と怒り、『日本人のSweet Blood!を目指してくるんだ!』と思ったけど、イギリス人は、もっとスイートなのね。

肉食系オットは、↓Hanako家同様で、蚊は体毛ジャングルのなかで力つきておりますから。

私が住んでいるプランテーション(subdivision)では、2週間に一度くらい、今頃から夜中に「殺虫剤撒きゴルフカート」みたいなのが走り回っております。

中には、↓ひでの氏ご推奨の「二酸化炭素でメスの蚊を集める」テクノロジーを使った「蚊とリ器」を庭に置いた人もいますよ。でも、お金かかり過ぎで、家ではつかえませ~ん。

Kayさん♪
Kayさ~ん、ありがとうございますe-266
そうそう、私が、健康体e-420だからですよね(笑)
蚊に好かれるか否かは、歳のせいじゃないと思うんですけど、
全く我が家のイギリス人連中は何かあると、私を年寄り扱いします(笑)

しかし、うちのダンナは甘いものにも目がなくて、「アップルパイにアイスクリーム
のっけて、そのうえから生クリームかけて」たべますからね。きっとの彼の血を
吸うモスキートたちは全員糖尿病におかされてるかもしれません(笑)


>> 肉食系オットは、↓Hanako家同様で、蚊は体毛ジャングルのなかで力つきておりますから。

ガハハハハハハハハ、爆笑!!!!!!
Kayさんの旦那様も体毛ジャングル状態ですかあ~(笑)
外国人ってやっぱ毛のうす~~~~い(ほとんどない)人もいるんですかね?
私あまりそういう方達にお目にかかったことなくて…。

ひでのさんオススメの『電気式の二酸化炭素出しながら蚊とかを
吸い取っちゃう蚊取り器』、そうですよね、v-61高いんだろうなあ~。
とりあえず、当分の間ガスマスクしとこっかなあ~(笑)
No title
はじめまして。タイトルに魅かれてブログを読ませていただきました。楽しい文章にすっかり引き込まれてしまいました。
私もかじる程度ですが英会話を習っています。断然イギリス英語に興味があります。
以前、イギリス(友人のおうち)へ行ったとき、ものすごくおおきな蚊がいっぱいいたことに驚きました。(日本でもたまに、見かけますが)
これからもブログ、楽しみにしています。よろしく!!
korokoroさん♪
korokoroさん、ご訪問、そしてコメントまで、どうもありがとうございました!e-415

とても横着なブログタイトルで、ども申し訳ありません(笑)
korokoroさんは英会話を習ってらっしゃるんですね。イギリス英語と言ったら
エリザベス女王が話すQueen's Englishをご想像されるかもしれませんが、
我が家の英語は(ダンナにより頻繁に使用されている)お下劣イングリッシュ
なので(笑)「お笑い」を見る感覚で楽しんでいただければと思いますe-454

イギリスにも『蚊』いたんですね~e-451
それもすごく大きな蚊がっ!全く、イギリス人と同じでモスキート達も
メタボ体型なんですね(笑)

お時間ありましたら、また是非遊びにいらしてくださいねe-343
こちらこそよろしくお願いいたしますe-68
プロフィール

TCuppa

Author:TCuppa
イギリス人と国際結婚。

現在、夫と14歳の娘と3人で
日本暮らし

職業:ホテルウーマン→
英会話スクール講師→
地方自治体で通訳・翻訳に従事→
現在、会社経営
*途中2度の海外留学経験あり

ゴスペルを大声で歌うことで
ストレス発散中

数あるブログの中から当ブログへ
訪問していただきありがとう
ございます。
これを読んで少しでも笑顔になって
いただければ幸いです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング参加中♪
Please click the banners↓
人気ブログランキングを見る
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。